散骨をする

タンス

近年は価値観の多様化にともなって死者の弔い方にもさまざまな形式が生まれていますが、新たな埋葬形式として最近注目を集めているのが散骨です。 散骨とは荼毘に付した後の遺骨を海や野山などに撒くことをいいます。墓地の確保や墓碑の建立といった物理的・経済的な負担が要らず、また「自然に還る」という伝統的な死生観を文字通り実現できる方法として、徐々に人気が高まっています。 ところで、冒頭に「新たな埋葬形式」と書きましたがこの散骨は実は法律上は埋葬に該当しません。そのため特別な許可などは必要なく、原則的には誰でも自由に行うことができます。しかし無制限に散骨を行えばその近隣で生活している人々との間にトラブルを引き起こしたりするおそれがあります。そのため通常は専門のサービス事業者に実行を依頼します。

散骨はいくつかの葬祭業者が葬儀プランの1つとして取り扱っているほか、樹木葬などとともに自然葬全般を扱う専門業者が手がけています。 現在、こうした事業者が行う散骨は遺骨を海に撒く海洋葬と呼ばれる形式が中心となっています。野山の一部を業者が所有してそこに散骨をするという形式も一部行われていますが、近在に農家などがある場合その作物に対する風評が問題になることなどもあって、あまり普及していません。 海洋葬の場合も漁業関係者などに配慮して専用船でかなり沖合に出てから散骨を行うという方法がとられます。なお環境への配慮から遺品や位牌を海に流すことは許されませんが、花束や食べ物などを一緒に海中に投じることはあります。