株を始める意義とは

近年では個人が株式投資を始めることは珍しくなくなってきています。
「貯蓄から投資へ」という言葉もあるように、これまでに貯めたお金をただ貯金しておくのではなく、投資をすることによって増やすことにシフトしてきているのです。
そんななか、まだ投資という行為に疑問を感じ、株を始める意義が分からないという人もいます。
株を始める意義は明確にあるのです。

まず、自分の生涯収入を大きく増やせる可能性を生み出せます。
会社勤めをしている一般的なサラリーマンの生涯収入は2億円から3億円と言われています。
会社勤めである限り、どこかのタイミングで収入が一気に増えることはなく、毎月決まった給与を40年にわたってもらい続けることで得られるお金がこの2億円から3億円という金額なのです。
しかし、株式投資であればこの金額を超える利益を得られる可能性が十分にあります。
株式市場について学び、実際の相場を体験して経験を積み、自分の投資スタイルを明確に出来れば大きな利益を上げられるのです。

さらに、株式投資は一定の利益を毎月積み上げるのではなく自分の戦略が相場状況に合えば一足飛びに資金を増やせます。
しかも、自分の投資資金が多ければその分利益も大きくなるため、加速度的に利益が増えていくのです。
会社勤めの場合は定年まで働かなければ生活も危ういということもあり得ますが、投資で成功すれば40歳台で生涯資金を貯めてヤングリタイアするという選択肢も生まれる可能性があるのです。

もちろん、株式投資にはリスクが伴います。
投資資金を失うだけでなく、場合によっては借金を背負う危険もあります。
しかし、お金と時間を自由に使える人生を歩む可能性を見いだせるのが株を始める意義なのです。